MENU

子供用歯ブラシと歯みがき粉はいつから使う?

歯ブラシをぐっとかみ締めて嫌がることがあったのですが、その理由が分からず歯科で磨き方を教えてもらいました。子供の口の中は大人よりデリケートなため、大人の歯磨きのように力を入れると痛いと聞きました。そっとくすぐっているくらいの強さで歯磨きをします。ハブラシは二本の指でつまむくらいがちょうど良いです。
歯磨きの時には、いつもオリジナルの歯磨きの歌を歌います。しゅっしゅぽっぽと歌うと喜んで口を開いてくれます。長時間は出来ませんので、数十秒程度ですが喜んで口を開いてくれています。歯科専売のチェックアップという歯磨き粉を使用しています。フッ素配合なので虫歯予防にも期待しています。この歯磨き粉は何種類か違う味があるので3つほど用意しておいて、毎日好きなものを選びます。
小さい頃は自分でハブラシを持ちたがるので、自分用と仕上げ用の2本用意しています。その日の気分によってはあまり口を開いてくれませんが、無理強いせずにそういう日はお茶でも飲ませて終りにします。完璧に歯磨きをしようと思うと親は負担が増えるので、甘いお菓子を食べていないのならそれ程神経質になることもないかと思います。


親が磨いていた頃は、特に子供が嫌がる風でもなく、歯磨きについて悩みはなかったのですが、自分で磨かせるようになったころに困った問題が起きました、歯磨き粉が使いたいくせに、当たり前ですが、大人用のは嫌がるんですね。
まだいらないだろうと、子供専用の歯磨き粉を使用していなかったのですが、やはり必要でした。歯医者さんでは必要ないとの指導だったので、その時はまだ用意していませんでした。
歯磨き粉がついていないと嫌、でも大人用のものは絶対に×だと言って、歯磨きを自分でするのを嫌がるようになってしまいました。親が磨いたら大人しくしていますが、いつまでもそれではいけません。
ネットで調べて、刺激の少ない、界面活性剤が入っていないパックスナチュロンの石鹸歯磨き粉を買いました。これならいいと使っていましたが、保育園で他の子がイチゴ味やメロン味の甘い味のする歯磨き粉を使っていると言いだし、本当は使いたくなかったのですが、クリアクリーンキッズのイチゴ味の歯磨き粉を購入しました。
結果的には甘い味がついた歯磨き粉の方が、子供は楽しく歯磨きができるようで、積極的にするようになりました。今は小学生ですが、大人のものを好んで使っています。甘い歯磨き粉は一時的なブームだったようです。