MENU

歯みがきが嫌いな原因は子供それぞれ

子供の歯磨きは意外と大変なこととして体験される方がほとんどだと思います。毎日しなければ虫歯になってしまうと懇々と説明したところで、所詮は理解できるわけもなく、ただただどうすればいいのか分からなくなるなんてことも考えられます。
実際子供にしてみたら何をそんなに拒むのか、そこを考えてあげることが対処法になると思いますが、そのためにも細かいことでもいいので詳しく聞いてあげるのもちゃんと歯磨きをしてくれる近道なると思います。
私の場合はどうやら歯ブラシが痛かったという理由があり、そのことをちゃんと聞いてあげることから徐々に歯磨きをしてくれるようになりましたけれど、実際のところ嫌がるケースとしては色々なことが原因で歯磨きを毛嫌いしていることが多いのと、後はそれさえなければ意外に嫌がらず歯磨きをしてくれるはずです。
なので言えることとしてはまず原因を聞き出してあげること、そこを理解してあげると子供の歯磨きもスムーズにさせてあげられると思います。


私が子供の歯磨きで悩んだのはいくら子供に歯磨きの仕方をしっかりやっても
なかなか子供の歯を綺麗にできないというのがありました。

それで何かもっと上手く子供の歯の汚れを落とす方法がないか調べてみました。
それで私が分かったのが子供に歯磨きをする時に子供が歯磨きを嫌がらないようにする必要があるというのが分かりました。

それまでは確かに歯磨き中に子供がすごく歯磨きを嫌がっていたのですが、
それでも無理やり歯磨きをしていました。ですが、その結果子供が動いて上手く
歯垢を落とせていないというのが分かりました。

それで私は歯磨きを子供が嫌がらないように歯磨きするようになりました。
それで私がやるようになったのが歯磨き中に積極的に話しかけたり、
歯ブラシで歯を磨く力を緩めて歯茎に当たっても痛くないように工夫しました。

それで子供がかなり歯磨きを嫌がらなくなりました。
そして子供に使っている歯磨き粉は子供が嫌がらないようにするために
ライオンのこどもハミガキガリガリ君を使っています。